のれんの生地の良さを知って欲しい

のれんの生地 それぞれの良さ

和風だけでなく洋風タイプも人気

 暖簾と聞くと、和風をイメージされる人は多いのではないでしょうか。
例えば、爽やかな青いグラデーションを持つ和風テイストのアイテムは
和室の入り口やお風呂場の入り口に目隠しで使うのに最適です。


また、藍染に絞り模様が加わることでアクセントが強調されて
和風の空間に合わせることでモダンなインテリアとの相性が抜群です。

和室に合うのれん


鳥の模様がアクセントになっているものなどは、涼しげな印象を与えるので
夏場の暑いときなど涼を呼びこめる印象を与えてくれる、雪山と呼ぶ
白色の山茶花をモチーフにしたテキスタイルデザインなどは
空間を華やかなものに演出するなどの魅もあるのではないでしょうか。


和テイストは和室だけでなく洋室にもマッチするデザインがたくさんありますし、
最近はやりの北欧インテリアにもマッチする暖簾が多数あるので、
模様替えをしたいときなど気軽に利用出来て便利です。


ちなみに、北欧インテリアに最適な暖簾を探しているときなど、
レース生地や遮光生地で作る暖簾を見つけたり、その生地が
北欧生地になっているなどのケースもあります。


このような生地を購入してミシンで自作する、このようなやり方もあるので
好みの生地を見つけてチャレンジされると良いでしょう。

 

オーダーメイドもおすすめ

既製品の暖簾は色々なものがあるけれども、通販サイトをいくつか梯子していると
同じようなデザインが目に付く、できればオリジナルが良いのだけれども
このような商品を取扱っているお店はないだろうかなどの悩みを持つ人も多いのではないでしょうか。


オリジナル暖簾を取り合っているお店の中には、オーダーメイドができるところも
あるのですが、オーダーメイドの場合は一点物ですから他と被ることはありません。

のれん製作を考える
特に、お店などで使う場合はお客さんが訪れたとき、お店に利用しているものが
他でも見たとなったときなど印象が他のお店になってしまう可能性もあるなど
断然オリジナルで作りたい、このような考えを持つオーナーさんも多いわけです。


オーダーメイドの場合は、生地を選んで製作して貰う方法以外にも
デザインを考えてからそれを使い手染めや印刷などでプリントして貰う、
その生地を使い指定サイズの暖簾を作ることになるため、他で目にすることはないわけです。


家の中で使う場合も、オーダーメイドで作ることで好みの生地を使って
世界に一つだけでのデザインを持つ暖簾を作れるなどからも、
このような注文ができるお店を探してみるのがおすすめです。

 

 

種類  耐久性  丈夫さ  のれんの生地それぞれの良さ  良さ  室内  介護施設  活躍する場面  生成りのれん  安全対策  既製品のれん  家紋の意味  ネット購入  落下防止の取り付け方  北欧インテリアにぴったり  サイトマップ

 

Copyright ©  のれんの生地の種類による違い,  All Rights reserved.