のれんの生地の良さを知って欲しい

のれんの生地 それぞれの良さ

のれんに入れる家紋について

 のれんには、いろいろなデザインのものがあり、オーダーメイドで作成することも可能です。
デザインの一種でのれんに家紋を入れる風習が日本にはあります。

のれんのデザインとしての家紋


さまざまな意味合いがあるのですが、縁起が良いといった理由で入れる方が多いです。
キキョウの柄は、吉の意味合いがあり良い意味がある柄になっているので
プレゼントなどに使用される場合が多いです。


2万個ともいわれるデザイン数があり、植物をモチーフにしたものが多く、それぞれ意味があります。


キキョウをモチーフにしたデザインのほかに、梅や桐・笹・菱・藤・蔦などを
モチーフにしたものがあります。藤はいくつかのバリエーションがあり、
日本の伝統的なデザインになります。平安時代に栄えた藤原家が由来になっています。


藤は繁殖力が高い植物になるので、良い柄とされているものになります。
蔦は生命力が強いことから、よく使用されているデザインになります。


桐は皇室でも使用されているデザインになり、笹は松竹梅とも呼ばれていて
めでたいデザインといわれています。


笹は寒暖の差に強く高く伸びる性質があるので、好まれているデザインになります。
いろいろなデザインのものがあるので、意味合いを理解した上で使用することをおすすめします。

 

オーダーメイドで作成できるのれんで縁起を担ぐ

のれんに家紋を入れることで縁起担ぐことに使用されることが多いです。
お店ののれんなどに使用されることが多く、商売繁盛・商売に余裕がでるなどの意味を込めて
のれんを使用している目的があります。


オリジナルでのれんを作成することができるので、おすすめです。

のれんオーダーはオリジナルで


オーダーメイドで作成するメリットは、さまざまあります。
希望の大きさにしてもらえることやカラーや素材なども好みのものを選ぶことができるようになります。


大きさは半暖簾や長暖簾・水引暖簾・日よけ暖簾などがあります。
江戸時代では商売で使用する場合の色は紺が良いと言われています。


紺は、堅実な商法を代表する色になり、日本で古くから愛されている色になります。
生地の素材もいろいろあり、バンテンやポプリン・麻風スラブなどがあります。


バンテンは、綿素材になり、綿独特のさわり心地が良い質感になっています。
ポプリンはバンテンよりも安価で作成することができる素材になります。


麻風スラブは京暖簾のような高級感がある質感です。
日よけの意味で用いる場合は、耐久性のあるビニール素材のようなターポリンがおすすめになります。


染め方もいろいろあるので、好みのデザインにすることができます。

 

 

種類  耐久性  丈夫さ  のれんの生地それぞれの良さ  良さ  室内  介護施設  活躍する場面  生成りのれん  安全対策  既製品のれん  家紋の意味  ネット購入  サイトマップ