のれんの生地の良さを知って欲しい

のれんの生地 それぞれの良さ

ターポリン

のれんは、お店の入り口に日よけとして
利用すると同時に、お店の案内や目印などの
宣伝や集客、厨房と客席の間に設置する場合には
目隠しなどで利用する事もあります。

お店の入り口


お店の入り口に日よけなどで使う場合には、
直射日光が当たるような環境の中では、日焼けなどの
リスクもあるので、耐光性が高い素材を選ぶ必要が
ありますし、屋外に利用するので雨などに対する
耐水性能が高い生地を選ぶなどが大切です。


屋内で利用する場合と屋外で利用する場合など、
それぞれの環境に適した素材を選ぶのが大切です。


例えば、のれんを屋外で利用する場合には、ポリエステル100%素材の帆布、
ポリエステルとビニールの混合素材のターポリンなどが最適です。


ターポリンは耐水性が高い生地などの特徴があるので
屋外で利用するのれんに使われる事が多い素材です。


全体的に厚みがある、しっかりとしたビニールのような印象を持つ素材です。


ビニールのような素材と言うと、安っぽいなどのイメージを持つ人も
多いかと思われますが、耐久性と耐水性伴に優れている事や
文字が見やすいなどの魅力もあります。

耐水性を持つ


文字が見やすいため、お店のメニューなどの看板として利用する
オーナーさんもいますし、仕立て方法なども袋縫い仕立てや
ハトメ仕立てなどが利用出来ます。


ちなみに、ハトメ仕立ては、ロープなどを通すための金具の輪を
生地の角などに取り付ける仕立て方法で、お店の窓際席などに
日よけとして取り付けている時など、風が多少強い時でも
高い耐久性を持たせられますし、ターポリンを選ぶ事で
雨風がある時でも安心です。

 

 

種類  耐久性  丈夫さ  のれんの生地それぞれの良さ  良さ  室内  介護施設  活躍する場面  生成りのれん  安全対策  既製品のれん  家紋の意味  ネット購入  落下防止の取り付け方  北欧インテリアにぴったり  サイトマップ

 

Copyright ©  のれんの生地の種類による違い,  All Rights reserved.