のれんの生地の良さを知って欲しい

のれんの生地 それぞれの良さ

フルオーダーよりは手軽

 のれんは会社や商品をアピールしたり、出入り口であることを伝えるといった目的で
使用されることが多いです。そのためにオリジナル要素を盛り込むのであれば、
フルオーダーで作成しなければなりません。


けれどフルオーダーののれんは基本的に特注となるため、費用が高くなりやすいです。
すでに仕上がった状態の既製品を購入するという方法もありますが、
もちろんそれ以上の手を加えることができません。

既製品のれんの購入


つまり会社のロゴであったり、オリジナルの絵などは使えないため、汎用的な見た目になります。

そのようなのれんの問題を解決できるものとしては、セミオーダーがあります。
名前の通り全てではなく一部だけを指定できるというもので、指定可能な範囲は
作成サービスごとに異なります。


性能の異なる複数の生地からベースを選んだり、片面印刷と両面印刷のどちらにするのかなど
料金に合わせて様々です。


そしてセミオーダーは、ネット通販形式で申し込むと非常に便利です。
大抵は生地や色などを選択する程度で、打ち合わせのような煩わしい手続きが少なく、
注文したらそのまま手元に届けてくれます。


文字を入れられるものもあるので、オリジナリティのある仕上がりにはできます。

 

デザイン作成の手間が省ける


フルオーダーでのれんを作るのであれば、当然何らかのデザインが必要です。
依頼者が作成する場合はセンスが求められ、入稿する際のデータ形式も細かく指定されています。


したがってデザインの専門家でもない限り、全てを問題なくこなせる人は少数でしょう。


そんなデザインをしなくて済む方法としては、作成と一緒に依頼先に任せるというものがあります。
のれんを扱っているところには、打ち合わせによって一緒に形を作っていったり、
手書きをプロの手によって仕上げるなど色々な方法が選べます。

のれんのデザインを依頼する


しかし当然、その分の費用が嵩んでしまいます。また、既製品だとどうしても
似たり寄ったりの仕上がりになってしまったり、生地の折り方や両面のデザインなど
細かな部分で納得できないということがあります。


そんな時にセミオーダーでのれんを作成すれば、フルオーダーほどではないにしても
個性を付け加えることができます。さらにあくまでも既製品がベースなので、
デザインを参考にすることで仕上がりを失敗してしまうというリスクが低いという強みもあります。


デザインは新しく作るのではなく、あらかじめ用意してあるものの中から選択することが多いです。
そのためデザイン料が求められることはほとんどありません。

 

 

種類  耐久性  丈夫さ  のれんの生地それぞれの良さ  良さ  室内  介護施設  活躍する場面  生成りのれん  安全対策  既製品のれん  家紋の意味  ネット購入  サイトマップ