交通事故に関する知っておくべき事

立て替え払い

弁護士に任せるのが一番交通事故の被害はその時だけのものではありません。
あとになってから後遺症に悩まされるケースも少なくないのです。

しかし交通事故の被害に遭った時は、特約でもつけていない限り
自分で相手方の保険会社の担当者と交渉しなければなりません。

その結果、納得のいかない和解額を受け入れざるを得ない状況になることもあり、
適正な賠償を受けられないままになってしまうこともあるのです。

このような事態を避けるためには、弁護士に依頼して相手方の保険会社と交渉してもらうのが有効な方法となります。

後遺症

しかし弁護士に依頼するとなると高額な費用がかかりますので、それがネックとなって利用できないと
いう人もたくさんいます。

お金の心配

そこで便利なのが民事法律扶助という制度です。

この制度は弁護士費用の立て替え払いをしてもらえるというもので、費用はあとから分割払いを
すればいいので、お金が心配な人も安心して弁護士を利用することができます。

民事法律扶助を利用するためには、まず法テラスの無料相談を受けなければいけません。

この無料相談は一定の資力条件を満たしている必要がありますので、まずはホームページから
条件を確認してみましょう。